『ダンゲロスSS大賞』受賞第1作が決定!(2018.1.18)
amazon Kindleにて発売中!
0212_02
denshi1218(mini)
バナナトラップ・ダンゲロス
著者:ヤドナシ 
Twitter:https://twitter.com/YADONASHI_TM
 
表紙イラスト:横田卓馬
挿絵・アイコンイラスト:ウメハナ
バナナトラップ挿絵-iloveimg-converted

【受賞者プロフィール】
2d561c66dc2c2ef23390fdbb91073439
ヤドナシ(yadonashi)
 2017年9月半ばからトークメーカーで小説を書いてる者です。アイコンは幽霊ですが中の人は生きてます。ダンゲロスSSは通算13試合戦ってきました。他にも、トークメーカー場で開催されるコラボ企画にはだいたい顔を出しています。現在執筆している作品は『先輩はエクソシストじゃありません!』です。ホラー、ミステリ、SF等色々書きます。これからも作品を挙げていく予定なので、応援してくださると嬉しいです。感想お待ちしています!


【Q&A】
①受賞についてコメントをお願いします
あのダンゲロスSSから新人賞が出る! ということで気合いを入れて挑戦させてもらいました。
最初の受賞ということでとても嬉しく思っています。
同時に、試合を盛り上げてくださった皆さん、本当にありがとうございます!

②自分が作ったキャラクターについて
松野 馳夫(まつの はせお)松尾芭蕉から名前をとったキャラクターで、文字通り芭蕉(バナナ)に愛されし魔人です。「かっこいいお爺ちゃんを書いてみたい!」という思いと、「ユニークな戦闘描写で読者を熱くさせたい!」という熱意から生まれました。

③相手のキャラについて
江良晴 志門(えらばれ しもん)
は松野と違ってまだ若く、目指すものが非常にハッキリした魔人です。能力は松野以上にユニークで素晴らしい対戦相手でした。「己の寿命を代償として、その期間に応じた努力の成果を即時に得ることが出来る」という能力は、長年の鍛錬で成果を得てきた松野と対照的で、ライバルとしてふさわしい人物だったと思います。

④リアルタイム執筆時のこと
今回は初めてプロと戦う機会だったので、かなり綿密に準備をしていました。朝から晩までバナナによる戦闘描写を考え続けていたおかげか、執筆はスラスラ進みました。志門というキャラクターがストーリーを膨らます個性的なキャラであったことも楽しく書けた理由の一つです。ただ、さすがに完結するまでは緊張しました!

⑤ダンゲロスSSについて
ダンゲロスSSは、もともと執筆の訓練のために始めたものでしたが、やっているうちにどんどん引き込まれていきました。リアルタイム執筆は緊張しますが、自分でも思ってもみなかった作品が短時間で生み出される不思議な場所です。気になっている方にはぜひ、恐れず挑戦してもらえたらなと思います。

⑥自分なりのダンゲロスSS攻略法、コツ
ダンゲロスSSの攻略法については、既に滝口流さんや如月真琴さんがトークメーカーで載せてくださっているので、だいたいそれを参考にしています。自分の中で大事にしているのは、「主人公がピンチになるシーン」を必ず持ってくることです。これが絶望的なピンチであればあるほどいい……問題は、そこから制限時間までに完結できるかですね。

⑦電子書籍化向けての意気込み
電子書籍では、リアルタイム執筆では書けなかった松野と志門それぞれの「努力に関する葛藤」を描きたいと思っています。志門の能力に隠された知られざる秘密……老齢になってから魔人として覚醒した松野の苦悩……それらを書き加えつつ、より本格的な戦闘描写にもっていきたいと考えています。

⑧応援してくれる皆様にメッセージ
今回受賞できたのはダンゲロスSSを楽しみに見てくださる皆様のおかげです。本当に感謝します。同時に、ダンゲロスSSは無償で会場設営や司会進行をしてきた人たちの存在なしには成り立ちません。また、観戦席でコメントしてくださる方々、投票に参加してくださる方々がいて、初めて読者も作家も楽しむことができます。これからも、より楽しくクレイジーな世界を作り上げていくために、ぜひ一緒にダンゲロスSSを盛り上げていきましょう!